« 雨のち晴れ | トップページ | 干支の話 »

2007年7月19日 (木)

2ndハウスの生活

Photo_113 ゲームマニアのダンナです。

単身赴任で20数年ぶりの一人暮しをしている私ですが、一番困るのは「食事」です。今日の晩飯は何にしようかということで悩むわけです。

Photo_114  この間(出迎えてくれるのは犬だけの)自宅に帰ったとき、家内に「なかなか食べたいと云ったものを出さないのに、何が食べたいっていつも聞くのは何故か」と訊ねたところ、毎日の食事の献立を考えるのは大変であり、そのヒントにするためだと云われました。それを聞いて、家内の長年に亘る苦労を私は今実際にやっているのだな、と思いました。

料理のレパートリーが少ない私ですが、一人暮らしを始めるにあたって外食とコンビニ弁当などの既製品を買うことを選択肢から除外しました。外食すれば当然お金がかかるし、偏食して栄養のバランスも悪くなるだろうと思ったからです(小遣いからペットの食事代・病院代などの諸費用とゲームソフトを買う費用などを捻出しなければならないので自分の食費などを節約しないと大変なのです)。

そこで、まず飛びついたものは冷凍食品やレトルト食品でしたが、いろいろな商品があることに驚きました。ご飯もレトルト食品の200グラムのものを食べています。特売のときに家内がまとめ買いをしてくれていて、これがひとつ60円くらいで、米を買って炊くより安いし、食べるまで電子レンジで2分しかかからないのだから面倒もありません。多く炊き過ぎることもないし、食べ過ぎることもありません。冷凍食品もスーパーで5割引のときに買えばひとつ平均200円前後になります。冷凍庫の大きさとの相談になりますが、こちらも安いときにまとめ買いができます。生鮮食品も加工された時間からある程度の時間が経過すると割引されるので、最低でも3割引になるまで待ってからでないと買いません。大阪の生活が長かったせいか、定価のものには触手が動かないのです。広告を見比べて、この店は大根が安いとか、あの店はいつ特売があるので朝から並ばなければというところまでは至っておりませんが、スーパーで値段が安くなるまで1時間以上粘っている自分が愛おしくもあり憐れでもあります。

会社の同僚の中にも単身赴任している者や一人暮らしの者が多いのですが、外食をするかコンビニ弁当を買って食べているようです。ただ、このスーパーは工業団地に近いせいか、私が買物をする夜の時間帯には年配の男性客や作業服を着た仕事帰りの客が多いのには勇気づけられます。ポイント・カードも作ってもらいました。ポイントが貯まるとどうなるかは知りませんが、ポイントが貯まると思えば買物も楽しみです。

 実は白状しますと、一度だけドンキホーテに買収されそうになって有名になったオリジン秀和の弁当を買ったことがあります。80種類の惣菜の中から1グラム単位から選べるバイキング方式の持ち帰り弁当というのに興味があったのです。惣菜を量り売りするというのは、いいアイディアです。一人暮らしをして思うのは、あまり食材が一人分の量として売られていないということです。それとキャベツにしても1/4カットというのは売られていますが、1玉で買うより割高になるということです。腐らせてしまうくらいなら割高であることがわかっていても、そちらを買ったほうがよいのかもしれませんが、どちらを買うかで悩んでしまいます。

 料理の本も買いました。ひと手間かけたほうがおいしいものができることは知っています。料理の基本は「だし」なのだそうです。せっかく与えられた「2ndハウス」暮らしを楽しむためにも料理を趣味にするのもありかな、と思う今日この頃です。

« 雨のち晴れ | トップページ | 干支の話 »

コメント

単身赴任というのも、物は考えようですね。
別宅を持っていて、本宅と別宅の生活をそれぞれエンジョイしているわけですね。
大変だなと思っていたのですが、そう考えれば羨ましく感じます。
さて、今週末は本宅ですか、それとも別宅ですか?
ところで、ダンナがお住まいのアパートはペット可ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399319/7195916

この記事へのトラックバック一覧です: 2ndハウスの生活:

« 雨のち晴れ | トップページ | 干支の話 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ