« ピーナッツ | トップページ | 天使の寝顔 »

2007年10月31日 (水)

野生の証明

ドッグランでは、追い駆けるより追い駆けられる方を好むシウォンです。

しかし、ネコとかウマとか白鳥とかカモとかを見つけると、チョッカイを出しそうになるので、その度にリードを引っ張らなければなりません。

はっきり云って、生まれてまだ1年、恐いもの知らずです。

一度、痛い目に会わないと、この性格は直りそうにありません。

たとえば、アヒルに嘴(くちばし)で突っつかれるとか・・・。

ネコに引っかかれたり、ウマに蹴られたりしたんじゃ、後が大変だし、命に関わるかもしれませんし・・・。

ヘタに、臆病なイヌになっても困ります。

ああ、どうしたらいいのでしょうか?

アライグマ(ぬいぐるみ)をバラバラにしたり、カモ(今年もT沼に渡ってきました)をジッと見つめたりするのは、野生の証明でしょうか?

昔、私の実家で庭の池のコイを狙っていたシラサギに、ダンナがクロ(当時、実家で飼っていたイヌ)をけしかけたところ、羽根をガブリと噛んじゃったのを目撃したことがあります。

どのように、躾(しつけ)たらよいのでしょうか?

いろいろと悩む今日この頃です。

« ピーナッツ | トップページ | 天使の寝顔 »

コメント

ドモドモPCが修理から帰ってきてぶろぐに現実逃避しているはち母です
 まだ子供で遊び盛りの大型犬と遊ばせるといいよ(^。^)
はちはカフェで体が大きくなってるけどまだ6ヶ月くらいの黒ラブになつかれてから自分より強い相手がいることに築いた様子だよ
成犬の大型犬は大概やさしいからねそれまでは大きくても怖がらないでいたし、
でももし、シウォンが勝っちゃって王様ぶりに拍車がかかってもシーらナイット^_^;

返事遅れて、どうもすいません。
シウォンは相変わらずの「ジコチュー犬」です。
かまって欲しいときは、甘えた声で鳴き、かまって欲しい相手(大概はレオン)の身体に右手をかけて揺さぶります。
そのくせ、自分の都合が悪いとき(大概は眠たいとき)は揺さぶっても寝たふりをして動こうとはしません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399319/8693002

この記事へのトラックバック一覧です: 野生の証明:

« ピーナッツ | トップページ | 天使の寝顔 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ