« 寝ている間に… | トップページ | こんな姿に誰がした? »

2013年10月 7日 (月)

有楽町で逢いましょう~試写会体験記

今日は、ダンナと映画の試写会に行ってきました。

わんこたち(特にウチの子になったばかりのプリンちゃん)のことが心配でしたが、たまたま子供たち(成人♂2人)がウチにいる日だったので、わんこたちのお世話を任せて出かけることにしました。

ウチわんこを飼っていると、わんこのことが気になって半日程度の外出もままなりません。

夕方、約束の時間よりは多少早く有楽町の駅に着き、ダンナと合流し、吉野家でカルビ定食を奢ってもらいました。

250pxyurakucho_station_hibiya_exit

ダンナは、食事する場所を吉野家にした理由を「他の店に入ると食事にかかる時間が読めないし、開場時間より前に行かないと良い席が取れないから」と言い訳していました。

せっかく久々に銀座の近くまで来たのですから、「もっとオシャレな店に入りたかったな」と私は思いましたが、試写会の会場である「よみうりホール」が入っているビックカメラの建物まで来て、ダンナの考えが正しかったことがわかりました。

よみうりホールは、建物の7階にあるのですが、その建物の階段の2階部分まで試写会を見ようとする人の行列ができていたのです。

開場時間の30分前、上映開始時間の1時間前なのに、です。

試写会は、通常の映画館で見る場合と違って指定席がないので、早めに会場へ行って我先に開場の順番待ちに行列を作ってしまうという気持ちはわからなくはありませんが…。

よみうりホールは、そごうデパートがビックカメラに身売りした後の2001年に改装したわけですが、改装前に何度か行ったことがある私には、以前よりも狭くなったように感じました。

250pxyomiuri_hall

今日、私が見た映画のタイトルは、「ゴースト・エージェント」といいます。

Poster

3年ほど前、これもダンナと映画館で見た「RED/レッド」のロベルト・シュヴェンケ監督の新作ということで、すごく期待して見ました。

最近観た映画の中では、この映画はマイ・ベストワンでして、シニアの名優たちの見せ場がたっぷりと詰まったハラハラドキドキものの凄い作品でしたからね。

T0009429p

あとで、調べたら、「フライドプラン」(2005年。ジュディ・フォスター主演の大型飛行機内での密室スリラー)や「きみがぼくを見つけた日」(2009年。エリック・バナ主演のタイムトラベル&ラブストーリー)の監督さんでもあったのでびっくりしました。

2001_6 200_3

両作とも、「RED/レッド」には負けますが面白い映画ですから、未見であればレンタルビデオで借りて見ることをお勧めします。

それで、「ゴースト・エージェント」を観ての感想ですが、過去のいろいろな映画のエッセンス(特に「メン・イン・ブラック」と「ゴースト ニューヨークの幻」)のいいところ取りといいますか、ごった煮といいますか、短い上映時間の中で笑いも絡めて上手くまとめてあり、面白くはありましたが「RED/レッド」ほどの出来ではありませんでした。

それに、映画の内容以前の問題で、上映会場がよくないといいますか、前の人の頭が邪魔して映画に集中することができませんでした。

見終わった後で、ダンナも同じようなことを言っていました。

試写会は観客の映画に対する情熱というか熱気を感じはしますが、「映画をより良い環境で楽しむには設備の整った映画館で観るのが一番だな」と改めて感じました。

ウチに帰ったら、わんこたちが嬉しそうに出迎えてくれて、なんだかホッとしました。

« 寝ている間に… | トップページ | こんな姿に誰がした? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町で逢いましょう~試写会体験記:

« 寝ている間に… | トップページ | こんな姿に誰がした? »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ