2007年9月26日 (水)

カット。カット、カット!

Photo

ちょっと、ホッペのところを中心にカットしてみました。

Photo_2

元のかわいい顔に戻ると信じて…。

Photo_3

なんか間の抜けた変な顔になってしまいました(笑い)。

Photo_4

レオンも、思わず笑っているようです。

Photo_5

わずか4ヶ月前は、こんな顔だったのに…。

(向かって、左がシウォン。右がレオン)

レオンも、背中の毛を中心にカットしたので一回り小さくなり、今ではシウォンの方が大きく見えます。

2007年7月14日 (土)

ロハスって何?

単身赴任して、ちょうど2年のダンナです。

このところ、週末になると、ちょくちょく帰っています。

やはり、家へ帰ると寛げます。

家族と愛犬たちの顔を見ると、癒されます。

同じ県内の電車で往復約4時間、2,000円位の金額で行き来できるところに単身赴任しているので、毎週帰ろうと思えば帰れるわけですが、ちょっと微妙な距離ではあります。

さて、お題の「ロハス」についてです。

私は結構の読書好きで、といって買って読むわけではなく主として図書館などで借りて読んでいるのですが、最近読んだ『きみはポラリス』(三浦しをん著)と『家日和』(奥田英朗著)という短編集の中で遅まきながら「ロハス」という言葉に初めて触れました。

興味をもったので、「ロハス」について調べてみました。

「ロハス」は「LOHAS」のことで、”Life Of Health And Sustainabilith”の頭文字を取って造った言葉です。

052 直訳すれば「健康と環境生活」ということになるのでしょうか、「健康と環境問題に関心を持つ人のライフスタイル」のことで、健康や癒し、環境、エコなどに関連した商品やサービスの総称して「ロハス」と呼ぶようです。

058 日本の成人の30%近くが「LOHAS」層だといいますから、私の知らない間にロハスにはまっている人が増殖していたということになります。

頼もしいといいましょうか、恐ろしいといいましょうか。

いずれにしても、「ブーム」のようです。

2007年7月 7日 (土)

タマを取っちゃいました

087 シウォンも月齢8ヵ月を過ぎたので、前々から予定していた去勢手術をしました。

手術は1時間ほどで終了しました。

料金は1万8千円でした。

この費用はダンナ持ちなので、ダンナのヘソクリからいただいておきました。

実際は、麻酔薬などの注射を4~5本打ったりする前処理に時間がかかったのであり、手術そのものの時間はそんなにはかかりませんでした。

お泊りすることもなく、手術が終わって、すぐにウチに帰ってきました。

レオンのときは去勢手術に反対されたY先生も、今度は賛成されました。

2頭飼っていて、そのうち1頭が既に去勢していたら、もう1頭も去勢しないと力関係が逆転するとおっしゃるのです。

やはり、タマを取っちゃうと、大人しくなるからなあ。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ