2013年10月20日 (日)

こんなにも優しい、世界の終わりかた

「世界の終わり」を優しさと愛しさを込めて描いた愛に満ちた物語。

それが、このタイトルにもある『いま、会いにゆきます』や『そのときは彼によろしく』の作者・市川拓司氏の久々の書き下ろし作品です。

ぷりんプリンものがたり (これが、作品の表紙)

青い光が地球に降り注いだ日から、その光を浴びたものは動きを止めて、徐々に世界の終わりが始まった。
主人公は世界が終わってしまう前に「彼女」とともに終末のそのときを迎えるべく青い光を避けながら彼女の住む町へ向かうが、果たして彼女と会うことができるだろうか。

以上が、この作品の粗筋ですが、「彼女」への愛だけでなく、親子の愛や様々な愛について描かれた作品です。

特に、最後の20ページほどは涙なくしては読めません。

ロードノベルでもあるこの小説の中では、彼女のもとへと旅を続ける途中で出会う人々と彼らの大切な人との愛に満ちたエピソードが散りばめられていて、その中には「幸せの黄色いハンカチ」を思い起こさせるようなシーンもあったりします。

この物語を読んだ人が少しでも優しくなり、世界の優しさの総和が増え、その結果として世界が平和になることを望んでこの作品を書いたと作者は語っています。

作者の考える愛とは、優しさなのでしょう。

物語を読み終えたあとに、この作品の表紙の絵を見ると、より一層感慨深いものがあります。

なお、余談ですが、この作品のなかに出てくる「夕焼け製造機」を作者は自作したそうです。

ぷりんプリンものがたり-未設定 (争いに満ちた世界)

ぷりんプリンものがたり-未設定 (争いの絶えない世界)

ぷりんプリンものがたり-未設定 (争い事が好きな世界)


ぷりんプリンものがたり
世界が平和になりますように!)

2012年12月22日 (土)

映画鑑賞券

happy01今年は、雑誌の懸賞で映画鑑賞券が

3回当たりました。

Cimg1293

187

395

188

394

183

185_2

3作品ともおもしろかったです。good

2008年7月 5日 (土)

こうちゃん

『こうちゃん』って知っていますか?

ブログで大人気の「幸せ料理研究家」restaurantって呼ばれている人ですよ。

最近、テレビtvでも、ちらほら見かけるようになりましたから、知っていますよね?

ほら、この人です、この人sign01

041_3

この日、私の住んでいる町に「こうちゃん」がやってきて、「料理の実演会」がありました。

043_2

ピラフ、揚げ物、スープなどを、試食させてもらいました。

044_2

これは、ピラフを作っているところです。happy02

048_3

抽選券をもらったので、帰りに福引をしたら、「幸せレシピ賞」に当たりました(ラッキーsign03)。

049_2

しかも、「サイン入り」ですsign03

ほんとうに「しあわせ」な一日でした。

2008年5月26日 (月)

悲しい結末

最近、ご近所に住んでいる誼(よしみ)で、上橋菜穂子さんの本を立て続けに読みました。coldsweats01

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド)神の守り人<帰還編> (偕成社ワンダーランド)

これは、女用心棒バルサが活躍する『守り人』シリーズの4作目です。sweat02

この物語の、ほんとうの主人公は「チキサとアスラの兄妹」なのかもしれません。

初めての2分冊となる長い物語です。book

絶対的な神の力を得た者は、その力をどのように使うのかというのが、この物語のテーマです。fuji

以前、読んだ半村良さんの最高傑作『岬一郎の抵抗』も、同じテーマでした。think

長い物語と云えば、シリーズ物ではありませんが、こちらの物語も長かった。wobbly

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 II 王獣編
でも、久々に息もつかせぬほどに読み進めさせる物語に出会えました。
初めはそんなつもりではありませんでしたが、この1、2巻を一気に読んでしまいまし
た。
こうやって、1、2巻の表紙を並べてみて、この表紙に影のように映っているのが「王獣」なんだと、改めて気づきました。chick
「闘蛇」と「王獣」の2種類の生き物を、笛や竪琴などの音色notesを奏でて操る物語です。
『風の谷のナウシカ』のオウムや巨神兵のように、戦(いくさ)の道具や争いの抑止力として使われる悲しくも気高い生き物たちの物語。bomb
主人公のエリンの成長物語でもあります。bud
しかし、この作家は女性をその物語に多く登場させますが、描き方が非常に上手だと思います。good
また、凛とした女性を好んで登場させますが、物語の終わりに幸せを掴む女性(主人公を含めて)は少ないように思います。
やっぱり、物語はハッピー・エンドでなくちゃ。bell

2008年5月12日 (月)

守(も)り人

「防人」と書いて、「さきもり」と読みます。think

それでは、「守り人」と書いて、何と読むでしょうか?wink

答えは、「もりびと」です。happy02

最近、上橋菜穂子さんの『守り人シリーズ』bookにハマッっております。coldsweats01

NHKの教育放送で、土曜日の朝9時から『守り人シリーズ』の第1弾をアニメmovieでやっています。

『精霊の守り人』というタイトルです。good

精霊の守り人:  1

例によりまして、BS放送で先にやっておいて、その後おもむろに一般放送でやるというNHK方式です。

実は、私はアニメの前に、マンガで読みました。

精霊の守り人 1巻 (ガンガンコミックス)

ノベライズという言葉がありますが、これはアニメを漫画化しているといいますか、これはこれで、『あると思います』(By:「吟じます」の人)。

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)

アニメやマンガで読むのもいいけど、やっぱり原作本を読むのが、「楽しみの王道」だと思います。

このシリーズは、『闇の守り人』、『夢の守り人』と続きます。

この3作品は、新潮文庫で読むことができます。

更に、『神の守り人』、『天と地の守り人』という具合に続いていきます。

近作の『獣の奏者』は、まだ未読ですが、評判がいいので、読むのが楽しみです。

久しぶりに、面白いものを書く人に巡り合えて、興奮しています。

そういえば、私の住んでいるA市は「北の鎌倉」などとも呼ばれ、大正時代は白樺派の文学者が多く移り住んだことでも有名ですが、この作者も同じ市に住んでいるようです。

なんたる奇遇であるかな!!

2008年2月16日 (土)

斉藤さん

小田ゆうあ/斉藤さん: 1: オフィスユーコミックス

この漫画がもとになったドラマを見ています。

水曜日の夜10時から放映されています。

幼稚園を舞台にしたドラマで、勧善懲悪を実践するお母さんの話です。

観月ありさサンが主役ですが、「斉藤さん」に感化されて強くなっていく「真野サン」役をやっているミムラさんが面白いです。

先日の放映分の、この二人のマンザイは感動ものでした。

押切蓮介/でろでろ: 6: Kcデラックス

この漫画にも「斉藤さん」が出ています。

表紙の右下の犬がそうです。

正式には、「サイトーさん」という名前です。

極悪非道な性格の主人公・日野耳雄くんではありますが、なぜか妹と愛犬には滅茶苦茶やさしいのです。

それと、犬とは心が通じ合っているといいますか、言葉がわかるのです。

さらに、霊視できるし、霊を殴ってノックダウン(?)させることもできます、ってどういうことでしょう。

昔、深夜枠で放送されていた「怪奇大家族」というドラマが好きな人にお勧めです。

2007年11月22日 (木)

悲しい鳴き声

散歩のついでに、図書館に寄ることがあります。

以前にもこのことは書き込みしていますが、そのときワンちゃんたちは「ワンちゃんポール」につなぎます。

Photo_2

こんな感じで「ワンちゃんポール」につないでいます。

遠くから望遠で、2匹が待っている様子を隠し撮りしました。

シウォンは心細いのか、レオンに身体を寄せています。

レオンは迷惑そうです。

Photo_3

レオンはジッと座って待っているのに、シウォンはキョロキョロと周りを窺い落ち着きません。

Photo_4

キョロキョロ、キョロキョロ。

せわしなく辺りを見回すシウォン。

レオンはジッと座って、私の帰りを待ちます。

Photo_5

とうとうシウォンは、悲しい鳴き声を上げました。

あまりにも悲しい鳴き声を上げるものですから、人が立ち止まって何事かと見ています。

私は恥ずかしくなり、『ゴメン、ゴメン、待たせたね』と言いながら、ワンちゃんたちに駆け寄りました。

いまだに、「マテ」が出来ないシウォンでした。

そういえば、ごはんやおやつの「マテ」もまだまだ出来ないもんなあ。

2007年11月 3日 (土)

久しぶりのドッグラン

3週間ぶりにドッグランに行ってきました。

11時頃から14時頃まで(公園内の別のところでお弁当を食べた時間も含む)いました。

昼過ぎてから多少暖かくなりましたが、肌寒い一日でした。

いつの間にか、もう11月ですものね。

月日の経つのは、年齢を重ねるごとに早く感じます。

Photo_2 相変わらず、走り回るシウォン。

2

あれ?今日は追いかけてるよ、

いつもは追いかけられるように仕向けているのに・・・。

Photo_3 このイヌ(向かって右側。イタリアングレーハウンド)の走りの速いこと速いこと。

ちょっと、びっくりです。

Photo_4

シウォンは相手を変えて、またもや追いかけてます。

5

大きなイヌまで追いかけています。

2007年9月 6日 (木)

ガンバという名のネズミ

ウエスティのシッポは立っています。

ウエスティは狩猟犬で、ネズミを狩ります。

でも、そんなの関係ねぇ!

関係あるのは、「ガンバ」という名のネズミのセリフです。

『シッポをたてろ!』

これは、『勇気を出せ!』、あるいは、『奮い立て!』、『向かっていこうぜ!』なんて意味でしょうか。

でも、そんなの関係ねぇ!

昭和50年ごろにテレビでやっていたアニメで私のお気に入りが『ガンバの冒険』で、その主人公のネズミがガンバです。

ガンバたち「町ネズミ」が、助けを求めてやってきた「島ネズミ」の住む島へ行き、「ノロイ」という名の恐ろしくも狡猾なイタチのボスを倒すまでの物語です。

でも、そんなの関係ねぇ!

原作は、斉藤惇夫さんの『冒険者たち』。

タイトルつながりだけだけど、『冒険者たち』っていうアラン・ドロン主演の映画も、私のお気に入りの1本。

もう一度、見たいな(セルもレンタルもないのかな?)。

でも、そんなの関係ねぇ!

アニメのチーフディレクターを務めたのは、出崎統さん。

最近では、ちびっ子に大人気の『とっとこハム太郎』の劇場版の監督をやっっている方です(ネズミつながり?)。

でも、そんなの関係ねぇ!

『シッポをたてろ!』というフレーズがグルグル頭の中を廻っていたときがあった、というお話でした。

でも、そんなの関係ねぇ!

2007年7月14日 (土)

ロハスって何?

単身赴任して、ちょうど2年のダンナです。

このところ、週末になると、ちょくちょく帰っています。

やはり、家へ帰ると寛げます。

家族と愛犬たちの顔を見ると、癒されます。

同じ県内の電車で往復約4時間、2,000円位の金額で行き来できるところに単身赴任しているので、毎週帰ろうと思えば帰れるわけですが、ちょっと微妙な距離ではあります。

さて、お題の「ロハス」についてです。

私は結構の読書好きで、といって買って読むわけではなく主として図書館などで借りて読んでいるのですが、最近読んだ『きみはポラリス』(三浦しをん著)と『家日和』(奥田英朗著)という短編集の中で遅まきながら「ロハス」という言葉に初めて触れました。

興味をもったので、「ロハス」について調べてみました。

「ロハス」は「LOHAS」のことで、”Life Of Health And Sustainabilith”の頭文字を取って造った言葉です。

052 直訳すれば「健康と環境生活」ということになるのでしょうか、「健康と環境問題に関心を持つ人のライフスタイル」のことで、健康や癒し、環境、エコなどに関連した商品やサービスの総称して「ロハス」と呼ぶようです。

058 日本の成人の30%近くが「LOHAS」層だといいますから、私の知らない間にロハスにはまっている人が増殖していたということになります。

頼もしいといいましょうか、恐ろしいといいましょうか。

いずれにしても、「ブーム」のようです。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ