2008年5月26日 (月)

悲しい結末

最近、ご近所に住んでいる誼(よしみ)で、上橋菜穂子さんの本を立て続けに読みました。coldsweats01

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド)神の守り人<帰還編> (偕成社ワンダーランド)

これは、女用心棒バルサが活躍する『守り人』シリーズの4作目です。sweat02

この物語の、ほんとうの主人公は「チキサとアスラの兄妹」なのかもしれません。

初めての2分冊となる長い物語です。book

絶対的な神の力を得た者は、その力をどのように使うのかというのが、この物語のテーマです。fuji

以前、読んだ半村良さんの最高傑作『岬一郎の抵抗』も、同じテーマでした。think

長い物語と云えば、シリーズ物ではありませんが、こちらの物語も長かった。wobbly

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 II 王獣編
でも、久々に息もつかせぬほどに読み進めさせる物語に出会えました。
初めはそんなつもりではありませんでしたが、この1、2巻を一気に読んでしまいまし
た。
こうやって、1、2巻の表紙を並べてみて、この表紙に影のように映っているのが「王獣」なんだと、改めて気づきました。chick
「闘蛇」と「王獣」の2種類の生き物を、笛や竪琴などの音色notesを奏でて操る物語です。
『風の谷のナウシカ』のオウムや巨神兵のように、戦(いくさ)の道具や争いの抑止力として使われる悲しくも気高い生き物たちの物語。bomb
主人公のエリンの成長物語でもあります。bud
しかし、この作家は女性をその物語に多く登場させますが、描き方が非常に上手だと思います。good
また、凛とした女性を好んで登場させますが、物語の終わりに幸せを掴む女性(主人公を含めて)は少ないように思います。
やっぱり、物語はハッピー・エンドでなくちゃ。bell

2008年4月10日 (木)

予防接種?

昨日、狂犬病の予防接種を受けてきました。sweat02

注射を打つときに、ワンちゃんdogが暴れないように、しっかりと抱いていてくださいと云われましたが、2匹とも大人しいものでした。

ウチのわんこは、実にお利口ちゃんで、いい子です(イヌばか)。coldsweats01

しかし、日本ではこの何十年というもの、狂犬病は派生していないというのに、いまだにワンちゃんが注射を打たなくてはいけないなんておかしいと思いませんかsign02

なんでも、イギリスやオーストラリアなどでは、ワンちゃんに副作用があるといけないというので、全面的に止めているようです。ban

アメリカなどでも、州によってはまだまだ狂犬病が発生しているところがあるというのに、3年に1回しか注射をしていないようです。ear

狂犬病の予防接種がほんとうに必要な狂犬病が蔓延している発展途上国は、日本より予防接種率が少ないのではないのでしょうか?gawk

日本獣医師会は、予防接種率70%を目指すなんてことを言っているようですが、そもそも現代の日本で狂犬病の予防接種は必要なのでしょうか?pout

痛い思いをしたり、後遺症の危険のあるものを打たれるワンちゃんが可哀想です。crying

そんなことを考えると、逆に「ネコcatは、まだまだ野放し状態だなあ」なんて思っちゃいます。

2008年3月26日 (水)

風林火山

「風林火山」をモチーフにした4コマです。coldsweats01

武田信玄の旗印で有名な例のアレthinkです。

もともとは、兵法家sagittariusとして有名な孫子(そんし)の言葉に由来するものなのだそうです。

「三国志」penにも孫子の子孫(しそん)が出てくるって、三国志マニアbottleのダンナは云っていました。Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

ちょっと4コマ目は強引でありましたか?

孫子って人は、実在の人物かどうかもはっきりしません。

ということは、孫子の子孫(ややこしや~、ややこしや~note。こっちか孫子で、こっちが子孫。Byなだぎ)なんて嘘っぱちってことになるかもしれません。bleah

昨日から、長男は埼玉のT市で一人暮らしです。weep

今日、引越しの荷解きの手伝いに行く予定です。wink

もう夜も更けたので、早く休まねば・・・。catface

では、おやすみなさい。sleepy

2007年9月17日 (月)

ガイダンス、そうザンス

今朝、ドッグラン登録のための「ガイダンス」というのを、ダンナに受けに行ってもらいました。

11時から約40分のガイダンスを受けて戻ってきたダンナが、ボヤくことボヤくこと。

その内容をまとめると…。

①「畜犬登録」か「狂犬病予防接種の登録」を持って来るように云われたのに、提出した「誓約書」に書かされただけ。それなら、番号を控えてきてください、と云えばいいじゃないか。

②ガイダンスは、これで22回目というわりには、進行と説明が上手くない。

③なぜ、その場で「登録証明書」を発行しないのか。4~5日後に郵送するというが、時間と切手の無駄。確かに参加者の数は多かった(50人くらい)が、「畜犬登録」等の「誓約書」に記載した内容を確認したうえで、発行するというのか。

④送られてきた「登録証明書」を持参して、再度ガイダンス会場を訪れ、「ホルダー」を発行してもらう。これは、面倒なシステムだ。

⑤公園全体はムチャクチャ広いのに、ドッグランは狭かった。建設中の野球場をドッグランにしろ。それが無理なら、5つある広場のどれかをドッグランにしろ。それも無理なら池を埋め立ててドッグランにしろ。

⑥思いのほか、遠かった。自転車で片道50分もかかった。えらかった。しんどかった。ドッグラン利用者に「送迎バス」を出せ。

とまあ、こんな案配です。

しかし、タダというのはいいんですが、やはり自転車で行くには一寸遠いようです。

レンタカーを借りて行くのも、何だかなー、と思うし、ハテどうしたものでしょう。

2007年9月11日 (火)

泥棒顔シウォン

Photo こんな顔になったのは、いつの頃からか。

ついこの前までは、愛らしい顔だったのに…。

Photo_2 顔ばかりか、前足も茶色です。

やはり、ウエスティは白くなければ、ウエスティ「らしく」ありません。

…というわけで、なんでこんな茶色っぽい毛になってしまったのかを調べてみました。

まず思ったのは、最近、変わったものを食べさせなかったかということです。

食べさせた物に原因があると思うのです。

主食のドッグフードを子犬用から成犬用に変えたから?

人間用のミルクやアイスクリームをあげたから?

あっ、わかった!

「かみたい放題」(木のオモチャ。与えているのは、2個目)を噛んで、食べちゃった(木片を飲み込んじゃった)のが原因だったようです。

木片は、ウンチとして出たり、ゲロッピとして出たりしていたのです。

問題は、消化しきれずにゲロッピとして、やたらと逆流していたことにあるようなのです。

胃酸過多気味になると、酸がよだれに出て、舌でペロペロと舐めたところが茶色くなるようなのです。

それで、口の周りや前足の先が茶色くなっているわけですね。

ゲロッピしたときに、キレイに拭いとけば、よかったのかもしれません。

胃酸過多気味にならないようにすれば、防げるということですね(簡単にいうけど、どうすりゃいいの?)

しかし、茶色く変色してしまったものは、どうしたら元に戻るものやら…。

だれか、教えてください…。

(やっぱ、茶色くなったところの毛、切るしかないかな。)

2007年9月 7日 (金)

台風一過

すごい雨風を伴った台風でしたね。

このところ、千葉県に来る台風は、『来るぞ、来るぞ』と前景気をあおっといて、『あれ、来ないな。どこへいったんだろう』というのが多かったんですけど、今度ばかりは直撃しました。

やはり、台風なんて来ないに越したことはありませんね。

九州にいた頃は、やたらと台風の直撃を受けていました。

あの頃は『本州の方にも、たまには行けばいいのに』と思っていたのですが、住んでいるところには、たまにでも来て欲しくはありません。

人間ってのは、勝手なものです。

ワンちゃんたちは、夜中に風の音でもっと怯えたり騒いだりするかなと思っていたのですが、グースカと気持ちよく寝ていましたこのやろどもめ!)

ついでにいうと、ダンナは単身赴任先で自転車通勤しているのですが、工場の点検と戸締りをして、住んでいるアパートに帰る途中に強風で折れた木に引っかかり、みごとに自転車ごと一回転してしまったそうです。

幸い、指に打撲を負っただけですんだそうですが、『一歩間違えれば大怪我になるところだった。』と言ってました(不死身か、おまえは!)

これから台風の進路に住む方、充分にお気をつけください。

2007年9月 6日 (木)

ガンバという名のネズミ

ウエスティのシッポは立っています。

ウエスティは狩猟犬で、ネズミを狩ります。

でも、そんなの関係ねぇ!

関係あるのは、「ガンバ」という名のネズミのセリフです。

『シッポをたてろ!』

これは、『勇気を出せ!』、あるいは、『奮い立て!』、『向かっていこうぜ!』なんて意味でしょうか。

でも、そんなの関係ねぇ!

昭和50年ごろにテレビでやっていたアニメで私のお気に入りが『ガンバの冒険』で、その主人公のネズミがガンバです。

ガンバたち「町ネズミ」が、助けを求めてやってきた「島ネズミ」の住む島へ行き、「ノロイ」という名の恐ろしくも狡猾なイタチのボスを倒すまでの物語です。

でも、そんなの関係ねぇ!

原作は、斉藤惇夫さんの『冒険者たち』。

タイトルつながりだけだけど、『冒険者たち』っていうアラン・ドロン主演の映画も、私のお気に入りの1本。

もう一度、見たいな(セルもレンタルもないのかな?)。

でも、そんなの関係ねぇ!

アニメのチーフディレクターを務めたのは、出崎統さん。

最近では、ちびっ子に大人気の『とっとこハム太郎』の劇場版の監督をやっっている方です(ネズミつながり?)。

でも、そんなの関係ねぇ!

『シッポをたてろ!』というフレーズがグルグル頭の中を廻っていたときがあった、というお話でした。

でも、そんなの関係ねぇ!

2007年9月 5日 (水)

シッポをたてろ!

流行語といいますか、マイブームといいますか、つい口に出している言葉があります。

今は『でも、そんなのかんけーねー』です。

はまっています。

つい、口ずさんでいます。

『でも、そんなの関係ねぇ』

ちなみに、この前のマイブームは『右から左に受け流す』でした。

眞鍋かをりさんのブログを見ていたら、このふたつのフレーズが載っていました。

おー、ここにも同好の士がいたか、と思いました。

しかし、最近つくづく思うのですが、女優さんといいますか、女性のタレントさんはお笑いが好きな人が多いようです。

お笑い芸人と結婚するのも、うなずけます。

『TVJapan』というTVガイドを毎月買っていますが、その番組紹介欄で出演者に「好きなTV番組」を聞くコーナーがあります。

最新号では、多部未華子ちゃんが『リンカーン』と答えていました。

確か、優香や上戸彩なんかもお笑い系番組が好きと答えていました。

えっ、なに?

タイトルと内容が違うって?

そのむかし、『シッポをたてろ!』ってフレーズが頭の中をグルグルと廻っていたときがあったって話を書こうと思っていて、話がそれてしまったのです。

ええ、悪うございました。

ってことで、次回につづく。

『でも、そんなの関係ねぇ?』

(でも、パンツいっちょ、といいますか、「こち亀」の海パンデカのようなといいますか、小島よしおっていうピン芸人はきもかわいいですね。)

2007年9月 4日 (火)

悲しき性(さが)

Photo 「掘る」という行為は、犬の習性です。

特に、ウエスティは狩猟犬として改良された犬種で、ネズミやアナグマのような小動物を追いかけていたわけですから、穴を掘るのも得意といえましょう。

このところ、暑い日が続いているので、あまり庭には出さないのですが、ウチの中でも「掘る行為」をします。

Photo_2 これは、どちらの家の室内犬もやることなのでしょう

レオンやシウォンは、布団や座布団を前足で「引っ掻く行為」=「穴を掘る行為」をします。

室内でこの行為をするときは、「エサを隠すため」だったり、「寝る場所を整えるため」だったりします。

家の中で行うのは、意味があるとは思えません。

見ていると、ちょっとお間抜けで、笑ってしまいます。

2007年8月31日 (金)

レオン、空をゆく

Photo 国内線の飛行機には、ワンちゃんは(たとえ、小型犬であっても)客室内へは持込めません。

では、どうするかというと、飛行機のお腹の部分にある「貨物室」に「超過手荷物扱い」として持ち込みます。

2 ワンちゃん専用のゲージに入れたうえで、貨物室に乗せて「運ぶ」のです。

搭乗手続きをするときに「同意書」にサインを求められます。

サインをしなければ乗れないので、やむなくサインをするわけですが、同意書の内容を要約すると『ワンちゃんが死んでも航空会社は責任を取りません。それでも構わなければ、この文書にサインをしたうえで、お乗りください』というものです。

貨物室は、空調は効いているものの、ゲージに閉じ込められていることで、ワンちゃんはかなりのストレスを受けます。

また、空港での積み下ろし時に、夏の暑い時期などは高温の外気にさらされて、呼吸が苦しくなって、死亡する場合があるといいます。

「特に、フレンチブルドックやパクなどの鼻の短い犬種やミニチュアダックスなどの足の短い犬種(ドキッ!ウエスティーも?)は、地表温度が直接伝わりやすく、体温発散の効率が悪いため、衰弱事例が多く報告されています」なんてことがJALのサイトに書いてあります。

知らなかったけど、飛行機にワンちゃんを乗せるのは、随分と「危険な賭け」だってわけです(よく生きていたね、レオン)。

飼い主と一緒に客室に乗ることができれば、こんなことはないのに、ね。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ