2008年5月26日 (月)

悲しい結末

最近、ご近所に住んでいる誼(よしみ)で、上橋菜穂子さんの本を立て続けに読みました。coldsweats01

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド)神の守り人<帰還編> (偕成社ワンダーランド)

これは、女用心棒バルサが活躍する『守り人』シリーズの4作目です。sweat02

この物語の、ほんとうの主人公は「チキサとアスラの兄妹」なのかもしれません。

初めての2分冊となる長い物語です。book

絶対的な神の力を得た者は、その力をどのように使うのかというのが、この物語のテーマです。fuji

以前、読んだ半村良さんの最高傑作『岬一郎の抵抗』も、同じテーマでした。think

長い物語と云えば、シリーズ物ではありませんが、こちらの物語も長かった。wobbly

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 II 王獣編
でも、久々に息もつかせぬほどに読み進めさせる物語に出会えました。
初めはそんなつもりではありませんでしたが、この1、2巻を一気に読んでしまいまし
た。
こうやって、1、2巻の表紙を並べてみて、この表紙に影のように映っているのが「王獣」なんだと、改めて気づきました。chick
「闘蛇」と「王獣」の2種類の生き物を、笛や竪琴などの音色notesを奏でて操る物語です。
『風の谷のナウシカ』のオウムや巨神兵のように、戦(いくさ)の道具や争いの抑止力として使われる悲しくも気高い生き物たちの物語。bomb
主人公のエリンの成長物語でもあります。bud
しかし、この作家は女性をその物語に多く登場させますが、描き方が非常に上手だと思います。good
また、凛とした女性を好んで登場させますが、物語の終わりに幸せを掴む女性(主人公を含めて)は少ないように思います。
やっぱり、物語はハッピー・エンドでなくちゃ。bell

2008年5月15日 (木)

チョンマゲくん

行きつけ(って、ホントは1回行っただけ)のワンちゃん美容院が店じまいしたので、半年以上、シウォンはカットに行っていません。hairsalon

結果として、身体の毛が伸び放題です。happy01

チョコチョコと、整えるほどのカットは私が自宅でしています。coldsweats01

しかし、毛が天然パーマってこともあって、実際より余計に伸びているように感じるのです。coldsweats02

というわけで、「チョンマゲくん」です。sweat02

「コロスケくん」です。wobbly

新キテレツ大百科 1 (1) (てんとう虫コミックス)

こんな感じです。wink

Cimg2474

Cimg2475

Cimg2477

Cimg2480

ひと思いに、このまま伸ばしてしまおうか、と思ったりしています。bleah

2008年5月12日 (月)

守(も)り人

「防人」と書いて、「さきもり」と読みます。think

それでは、「守り人」と書いて、何と読むでしょうか?wink

答えは、「もりびと」です。happy02

最近、上橋菜穂子さんの『守り人シリーズ』bookにハマッっております。coldsweats01

NHKの教育放送で、土曜日の朝9時から『守り人シリーズ』の第1弾をアニメmovieでやっています。

『精霊の守り人』というタイトルです。good

精霊の守り人:  1

例によりまして、BS放送で先にやっておいて、その後おもむろに一般放送でやるというNHK方式です。

実は、私はアニメの前に、マンガで読みました。

精霊の守り人 1巻 (ガンガンコミックス)

ノベライズという言葉がありますが、これはアニメを漫画化しているといいますか、これはこれで、『あると思います』(By:「吟じます」の人)。

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)

アニメやマンガで読むのもいいけど、やっぱり原作本を読むのが、「楽しみの王道」だと思います。

このシリーズは、『闇の守り人』、『夢の守り人』と続きます。

この3作品は、新潮文庫で読むことができます。

更に、『神の守り人』、『天と地の守り人』という具合に続いていきます。

近作の『獣の奏者』は、まだ未読ですが、評判がいいので、読むのが楽しみです。

久しぶりに、面白いものを書く人に巡り合えて、興奮しています。

そういえば、私の住んでいるA市は「北の鎌倉」などとも呼ばれ、大正時代は白樺派の文学者が多く移り住んだことでも有名ですが、この作者も同じ市に住んでいるようです。

なんたる奇遇であるかな!!

2008年5月 7日 (水)

天使と悪魔

こいつらには、ぬいぐるみとオモチャをイッパイ与えています。present

レオンは全然そんなことはしなかったというのに、シウォンは壊しまくってくれます。impact

どうしたものでしょうかね?crying

フリーマーケットで安く仕入れたぬいぐるみやオモチャを与えているのですが、このように次から次へと壊されてしまいますと、さすがに腹が立ってきます。pout

しかも、私の大事な「お人形さん」の足なんかも噛んでくれます。sweat02

届かないところに置いたつもりなのに・・・。weep

悪魔のように狡賢く、したたかなシウォンなのでした。wobbly

でも、こんな可愛い姿を見ると、なかなか怒れません。lovely

Cimg1655

Cimg1656 Cimg1657

Cimg1654

こういうのを「天使の寝顔」っていうんでしょうね。

この「寝顔」を見ていると、癒されます。

しかし、このチィップのぬいぐるみ、寝るのにジャマじゃないかなぁ。

2008年2月16日 (土)

斉藤さん

小田ゆうあ/斉藤さん: 1: オフィスユーコミックス

この漫画がもとになったドラマを見ています。

水曜日の夜10時から放映されています。

幼稚園を舞台にしたドラマで、勧善懲悪を実践するお母さんの話です。

観月ありさサンが主役ですが、「斉藤さん」に感化されて強くなっていく「真野サン」役をやっているミムラさんが面白いです。

先日の放映分の、この二人のマンザイは感動ものでした。

押切蓮介/でろでろ: 6: Kcデラックス

この漫画にも「斉藤さん」が出ています。

表紙の右下の犬がそうです。

正式には、「サイトーさん」という名前です。

極悪非道な性格の主人公・日野耳雄くんではありますが、なぜか妹と愛犬には滅茶苦茶やさしいのです。

それと、犬とは心が通じ合っているといいますか、言葉がわかるのです。

さらに、霊視できるし、霊を殴ってノックダウン(?)させることもできます、ってどういうことでしょう。

昔、深夜枠で放送されていた「怪奇大家族」というドラマが好きな人にお勧めです。

2008年1月10日 (木)

好きな芸人(?)

あれは、10年以上前のこと。

まだ大阪に住んでいた頃でしたが、なんとなく付けたテレビに思わずクギ付けになったことがあります。

NHKの夜の11時台だったと思いますが、「カレ」を初めて見ました。

その後も、不定期に続く(?)「カレ」の番組を可能な限り見続けました。

その番組のタイトルは『Mr.ビーン』で、演じるのは怪優ローワン・アトキンソン。

そんな「カレ」が10年ぶりに帰ってきました。

2007年12月21日 (金)

だーれ、だ?

私は、だーれ?誰でしょうねぇ。

Img_0059

Img_0499 レオンちゃん、でーす。

そんな、わけないだろ。

と、一人ボケ突っ込み。

Img_0057_2

ランマくんのおとーさん、じゃなくって、パンダさんでした。

Img_0613 こんなに違うのに、間違えるなんて、どうかしているよ。

大きさも、色も、何もかも、こんなにも違うのに、ね。

2007年11月11日 (日)

ノスタルジックな映画

昨日は朝から、ずっと雨だったので、一日中ウチにコモっていました。

ワンちゃんたちが眠っている横で、人間たちは、恒例のビデオ大会で盛り上がっていました。

本日の上映作は以下のとおりです。

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) DVD ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの『ダイハード』の10年振り(?)の続編です。

子どもたちは、このシリーズの記憶はないそうです。

10年前というのは、私たちの年代の者にとってはちょっと昔のことかもしれませんが、20才と16才の子供たちにとっては遥か昔のことなのでしょう。

あのダイハードおやじのブルース・ウィルスも潔くハゲおやじになって久々のジョン・マッグレーン役への登板です。

今回は、事件が起こったのがクリスマスではないのが残念です(でも、よくよく考えると、いつもクリスマスの日に事件に遭遇するという設定の方が無理がありますね)。

歳月が過ぎても、ダイハートおやじは相変わらずのタフなヒーローでした。

ただ、家庭環境は可哀想な変貌ぶりです。

離婚と親子の断絶(これなら、『ロッキー』の置かれた立場の方がマシというものです)。

でも、シルベスターと違って、ブルースはアクションものも、まだまだ大丈夫という感じでした。

★4.0です。

秒速5センチメートル 通常版

DVD 秒速5センチメートル 通常版

販売元:コミックス・ウェーブ・フィルム
発売日:2007/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新海誠監督の新作です。

相変わらずの奇麗な絵とストーリーです。

デビュー作である『ほしのこえ』からのファンです。

このタイトルの由来は、「桜の花が舞い落ちるスピード」から付けたそうです。

で、この作品のテーマは、「スピード、速さ」。

物理的なもの、心理的なもの、そして、過ぎ去った時間・・・。

その「距離」と「スピード」を、主人公の主観による感じ方として描いています。

一度だけではなく、繰り返し何度も見たいと思う作品です。

また、この作品とクロスオーバーする山崎まさよしさんのテーマ曲(10年前の作品)が、印象的です。

『ダイハード4.0』と同様、10年前をノスタルジックに思い出させてくれる傑作です。

★4.5です。

2007年11月 8日 (木)

犬の映画

Pict0121 私は、映画が大好きです。

なかでも、犬が出てくる映画は、犬が出てくるという理由だけで、無条件で大好きです。

ウエスティを飼っているので、できれば飼っている犬種を主人公にした映画であれば、尚のこと大好きです。

最近観たイギリスの映画は、全編ウエスティが主人公でした。

ウエスティの生まれ故郷がイギリスのスコットランド地方であるから、野良犬のように普通に、そこで生活をしています。

ただ、この映画の予告編を観たのですが、「感動のラスト」を見せちゃってました。

本編を観た後でよかったですが、あの予告編を先に観ていたら、観る気がなくなったかもしれません。

ダンナも『あの予告編ないよね。本のあとがきにアラスジと物語のオチが書いてあるような感じだ』と話していました。

2007年11月 5日 (月)

ゲゲゲのゲ

いつもの、お散歩コースの、いつもの場所で、記念撮影。

河童さんの噴水の前なのですが、ここは結構有名な観光スポット(?)となっています。

Photo Photo_2

Photo_3

河童さんといえば、この場合は妹尾河童さんのことではなく、妖怪の河童(カッパ)さんのことです。

河童で有名なのは、昔は水木しげるさんの漫画『カッパの三平』で、今は『河童のクゥと夏休み』のクゥです。

原恵一と「河童」の長い旅河童のクゥと夏休み公式ガイドブック Book 原恵一と「河童」の長い旅河童のクゥと夏休み公式ガイドブック

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クゥのアニメ映画は劇場へ足を運んではおりませんが、なかなかの傑作のようです。

水木しげるさんの作品で一番知名度の高いものは『ゲゲゲの鬼太郎』でしょう。

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション DVD ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは、先だって実写版がDVDになったので、家で上映会をやりました。

ま、結論としては『やはり、実写版はチョッとねー』という感想です。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ