2010年11月27日 (土)

イギリス周遊  シャーロック・ホームズ パブ

ロンドン最終日の夕食は、トラファルガー広場から

歩いてすぐの所にある、シャーロック・ホームズ

パブで!

Dsc01413

Dsc01415 

Dsc01444 

6時前に入ったのですが、1階はいっぱいで座る

所がなかったので2階へ

Dsc01416

Dsc01430

Dsc01420

壁には、ホームズ関係の写真などが、いつぱい

掛けてありホームズの書斎も再現されていました。

Dsc01424

Dsc01425

Dsc01422

Dsc01432

Dsc01433

1階は、お客が多く写真が撮りずらかったので

撮りませんでした。

2階は、落ち着いた雰囲気で、まだお客も少なか

ったのでゆっくり食事ができ、写真も撮れました。

Dsc01429

Dsc01435

Dsc01436

注文したのは、イギリス家庭料理シェパードパイ

(ひき肉の上にマッシュポテトを乗せて焼いたもの)

とフィッシュ&チップス、こちらでは、オーブンで焼

いた料理もパイと呼ぶそうです。

味は、まあまあでした。

2010年11月25日 (木)

イギリス周遊  ハロッズ

ダブルデッカーの路線バスに乗ってハロッズへ

Dsc01392

Dsc01399 

日曜日だったからなのか、ハロッズショップは

すごいひとでした。

Dsc01394 

中にあるダイアナ・メモリアル

ダイアナ妃とともに亡くなった右側のドディ・アルファ

イド氏は、ハロッズのオーナーの息子だった。

Dsc01396 

紅茶売り場のところにあった、アリスのディスプレー

Dsc01401 

Dsc01404 

疲れたので、ハロッズの向かい側にあったお店で

お茶しました。

Dsc01402

大きなマカロンとタルト、おいしかったです。

もう1度ナショナル・ギャラリーにもどって見学しました。

2010年11月24日 (水)

イギリス周遊  ナショナル・ギャラリー

Dsc01370_2

巨大なボトルシップ!

チャイナタウンから歩いて、ナショナル・ギャラリー

へ行きました。

Dsc01373

ギャラリー前では、いろんなパフォマンスが・・・

機械の腕が、音に合わせて動きます。

Dsc01409

ナショナル・ギャラリーの前のトラファルガー広場

のライオン像。三越のライオンのモデル

Dsc01377

けっこう高いところにライオン像があるのですが

頑張って、よじ登り記念撮影coldsweats01

Dsc01372

Dsc01382

ナショナル・ギャラリーも無料で、ゴッホのひまわり

モネ・ドガ・セザンヌなど名品の数々がありました。

Dsc01384

Dsc01385

ギャラリーの前からビッグベンも見えました。

バスに乗ってハロッズへ

2010年11月21日 (日)

イギリス周遊  大英博物館 エジプト・ミイラ

Dsc01307_3

Dsc01325_3

ラムセス2世の胸像

Dsc01326_2

パステト女神像

Dsc01333_2

Dsc01334_2

猫のミイラ

ミイラ室は、なんだかこわくて、写真はあまり撮り

ませんでした。

Dsc01335_2

Dsc01336_2

Dsc01337

Dsc01339

Dsc01340

Dsc01342

Dsc01343

ジンジャー(頭髪の赤い色からジンジャーの愛称

で知られるミイラ)熱砂に埋葬されたため自然に

ミイラ化したもの

つぎは、自由行動

2010年11月20日 (土)

イギリス周遊  大英博物館 ギリシャ・ローマ

Dsc01317

うずくまるアフロディア

Dsc01320

Dsc01319

Dsc01321

Dsc01322

パルテノン神殿の破風彫刻

「エルギン・マーブルス」

Dsc01323

Dsc01324

Dsc01330

Dsc01331

Dsc01332

階段の壁に展示してあったモザイク

2010年11月19日 (金)

イギリス周遊  大英博物館

Dsc01294

世界3大ミュージアムの1つ大英博物館です。

入場無料で、写真も撮っていいです。

1日では、見きれないところを現地ガイドさんの説明

を聞きながら、有名なとこだけ1時間で廻りました。

Dsc01301

Dsc01305

見学の起点となるグレート・コート

Dsc01311

ロゼッタ・ストーン(3種類の文字が刻まれこれを

解読したことで、エジプト文明の歴史が明らかに

なっていった。)

Dsc01313

Dsc01315

人面有翼牡牛像(ラマッソスと呼ばれるアッシリア

の守護神の像で城門に飾られた。

頭は人、背には翼、体は牡牛になっている。

Dsc01318

ヌルイデス・モニュメント(神殿風の墓廟)

2010年11月16日 (火)

イギリス周遊  バッキンガム宮殿

Dsc01208

Dsc01209

Dsc01210

宮殿の前にあるクィーン・ヴィクトリア・メモリアル

です。7月~9月は、宮殿内のステート・ルームを

見学できます。わたしたちは、宮殿前で写真を撮る

だけでしたが・・・

Dsc01218

Dsc01221

バッキンガム宮殿です。

Dsc01233

Dsc01228

Dsc01234

Dsc01229

衛兵がしっかり守ってました。

Dsc01212

宮殿正面から延びるメインストリートザ・マル

そのまわりは、公園になっています。

Dsc01220

Dsc01214

ビックベンが見えました。

Dsc01224

Dsc01225

2010年11月14日 (日)

イギリス周遊  ロンドン市内観光

6日目、とうとうイギリス周遊も最後の日になって

しまいました。ホテルの10階に泊っていたので

ロンドンの家並みを撮りました。

Dsc01181

Dsc01183

Dsc01184

Dsc01176

朝食のパンはクロワッサンやデニシュがありました。

Dsc01185

この2階建バス、”ダブルデッカー”で市内観光

をします。

Dsc01191

自然史博物館です。

Dsc01193

Dsc01196

ヴィクトリア&アルバート博物館

(世界最大級の装飾芸術コレクション)

市内観光といっても、ほとんど車窓からでした。

Dsc01198

前日、ローマ法王が来ていました。

Dsc01200

Dsc01202

Dsc01203

つぎは、バッキンガム宮殿へ

2010年11月10日 (水)

イギリス周遊 ウィンザー城内

ウィンザー城は、およそ900年前に征服王

ウィリアム1世が、砦として築いた城です。

Cimg8359

ウィンザー城、全体図です。

Dsc01128

Dsc01132

ラウンド・タワー、城の中心部にそびえる砦の下は

きれいな庭になっています。

Dsc01131

Dsc01133

Dsc01136

アッパー・ウォード、この庭園では、さまざまな儀式

が執り行われます。

Dsc01141

Dsc01140

Dsc01145

Dsc01144

ここから宮殿の中を見学。

メアリー王妃に贈られた12分の1に縮小された

ドールハウスは、忠実に作られた家具や器具が

すばらしかったです。他に絵画、彫刻、陶器など

の王室コレクションや豪華絢爛な広間を見ること

ができました。

Dsc01152

Dsc01153

セント・ジョージ・チャペルです。

イギリス後期ゴシック様式の傑作の礼拝堂

Dsc01154

Dsc01157

宮殿内、外、とても広く、限られた時間の中で

足早に見学しました。

イギリス周遊 ウィンザー城周辺

ウィンザーに着きました。

Dsc01098

Dsc01163

ウィンザー城に向かいます。

Dsc01112

Dsc01113

Dsc01115

ビィクトリア女王像が出迎えてくれました。

Dsc01116

Dsc01118

Dsc01119

Dsc01121

Dsc01124

入口で、日本語音声ガイドを借りてやっとウィンザー

城に入ります。

Dsc01125

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウエスティ・わんこ仲間

無料ブログはココログ